赤ちゃんのアトピーを防ぐ|肌に合ったものを使う

特に多い湿疹

親子

いろいろな湿疹

乳児湿疹にはいろいろなものがあります。脂漏性の湿疹や、接触性の皮膚炎、皮膚カンジダ症や蕁麻疹など湿疹を伴って起こってきます。脂漏性湿疹は赤ちゃんが胎内でお母さんから栄養をもらう時に、性ホルモンももらっていますが、このホルモンは皮膚に作用すると毛穴から皮脂をたくさん分泌させます。赤ちゃんには皮脂をたくさん出しやすい部位があって、皮膚の手入れが悪いと皮脂が変化して皮膚に刺激を与えるため、皮膚が赤くなってきます。接触性皮膚炎は、食べ物の汚れや、何かに触ったままにしていた指などが原因で起こってきます。皮膚ガンジダ症は赤ちゃんの便の中にいるカンジダ菌が皮膚に移ることが原因で起こってきます。蕁麻疹は食物アレルギーでできてきますが、原因は多種多様です。

しっかりと洗う

皮膚には毛穴と汗が出る穴が開いています。この数は生まれた時から変わることはありません。皮膚の面積が狭くなっている赤ちゃんの頃はそれが密集していることになります。お母さんからもらった性ホルモンの影響が残っている、生後一か月の間は乳児湿疹である脂漏湿疹が出やすくなっています。この原因となっている皮脂をきれいにとってやらなければなりません。頭髪部や、顔のTゾーン、わきの下や外陰部など皮脂をたくさん出しやすい脂漏部位の洗い方が不十分だと、かさぶたが付き始めてしまい乳児湿疹である脂漏性湿疹の原因になってしまいます。乳児湿疹の原因の脂漏部位は、ベビーシャンプーや石鹸でしっかりと洗ってあげることが重要になってきます。